WorkImage
Recipe RDF (Yoshikawa Eggplant Recipes)

目的

レシピに関するデータセットに関する汎用性を高めることを目的として、レシピのフォーマットを整理し、RDF(Resource Description Framework)にしました。

概要

鯖江市が公開する「吉川なすのレシピ」を利用して、機械可読データセットへ加工しました。

詳細

吉川なすを用いた7種類のレシピを題材にしてデータセットにしました。レシピの基本情報、食材、作り方、ポイントをまとめています。

注記

* レシピをつくり活用される実体を考慮すると、人間にとっても、機械にとっても読みやすい方法であるべきと考え、元となるテーブル構造はスリムな1レコードにまとめたフォーマットです。現状、各地で公開されているレシピはフォーマットがバラバラであったため、レシピを扱う際の標準フォーマットになればよいと考えています。 * 吉川なすのレシピの本体は以下URLです。 http://linkdata.org/work/rdf1s1736i * このデータセットは鯖江市の「データシティ鯖江」のオープンデータを使用しています。 http://www.city.sabae.fukui.jp/pageview.html?id=11552 * レシピRDFのサンプルリソースは以下URLです。 http://lod4all.net/datasetdetail.html?pkey=9279

メモ

 吉川なすは、1400年以上の歴史をもつ伝統野菜です。以前は、吉川町で栽培されていました。吉川なすは風があたると傷がつきやすく、品質も悪くなってしまい、とても繊細です。生産の難しいことと、茎にトゲがあることから生産性が悪く手間がかかり、絶滅の危機にありました。2010年から福井県鯖江市の支援を受けて、新たに栽培が行なわれています。ソフトボールほどの大きさがあります。皮が薄く、果肉が柔らかいことが美味しさの証です。ほんのり甘く、肉質は締まっていて煮崩れすることがないので、油との相性も良いです。田楽や、煮物、漬物に使われます。 * 【CC-BY】鯖江市, Team Yakuzen 以上
作成者
1980年北海道苫小牧市生まれ。国立苫小牧工業高等専門学校卒業。前職の独立行政法人理化学研究所では情報システム開発を担当してきました。中小企業の資金調達支援や、コンサルタントを行っています。バイオ業界...
データの内容
Insert title here